HOME

HOME

誰かにとって居心地のいい場所になったらいいなぁという雑記ブログ。

ベストなときの自分や人と比べるから苦しいんじゃない?と気付いた

f:id:skssg0614:20170606233452j:plain

 

毎日、ダラダラしているわけではないんだけれど、ときどき、ものすごーーく苦しくなってしまうことがあります。

 

 

こんばんは。KAn。(@s0ra308)です。

今日もいいことありましたか?

 

 

苦しくなるのはどうして?

苦しくなるのは、どうしてなんだろう。ひとそれぞれ理由は違うと思うんだけれど、ここではKAn。が感じたことにスポットを当ててお話しします。

 

比べるのが「1番の自分」だから

いつだって、最高の自分を想像してしまうから、きっと苦しい。

そう思うのです。そう思うのは、わたしがそうだからです。

 

 

過去に起きた良いことや、ちょっと結果が出た時なんかを想像して、「1番の自分」にとことんこだわってしまいます。たとえば、『何かの大会で優勝した』だとか、『何時間も使って仕上げたおしごとを誉められた』だとか。

 

 

だから、「前できたんだし、今でもヨユー」「きっと今回もいけるデショ」というふうに調子に乗って、やるべきことをやらなかったり、変なプライドを持ったりして。

 

 

 

でも、結局その「1番の自分」になれないことも多いから、苦しくなってしまうのです。

 

比べるのが「だれかのベスト」だから

それから、「頑張ってないなぁ…」と思っているとき。

 

 

他人から見れば「あの人いつも頑張ってるよね」と思われているような人なのに、その本人が「まだまだやれることあるし。ほら、〇〇さんの方が仕事量多いじゃん…」なんて、自分の頑張りに気付いていないことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これも、比べてしまっているから苦しいんじゃないかなぁと。

対象が「自分」であっても、「だれか」であっても、きっと苦しい。

 

 

「いいなぁ」「わたしもこうなりたい!」「自分なんて、まだまだだ…」はたいてい、自分の目標である人や、過去の自分についてが多い気がする。

 

 

これが、苦しくなってしまう理由2つめかなぁ。

 

「いつかの自分」にならなくてもいいと思う

鏡を見ても、「おっ。昨日より成長してるー!」なんて分からないけれど、きっと、足元を見てみれば、目には見えないけれど道はできているはずです。がんばっているからね。

 

 

 

だから、

 

「いつかの自分」にならなくてもいいんじゃないかな。
「だれかやなにか」にならなくてもいいんじゃないかな。

 

 

 

がんばっていたり、一歩ずつでも成長しているのは、きっと誰かとなんて比べなくても、カッコいいのです。

 

 

 

ちょっと短くなってしまったけれど、

 

今日はおしまい。

 

広告を非表示にする