HOME

HOME

誰かにとって居心地のいい場所になったらいいなぁという雑記ブログ。

自信がないから他信する

f:id:skssg0614:20170723152347j:plain

 

自分を信じているけれど、それが自信とイコールにはならない気がするのです。

 

 あなたは、自分に自信がありますか?みなぎる自信に、「よっしゃぁぁぁ!やるぞ!」なんて意気込むこと、ありますか?

 

わたしは、自信が持てません。昔から。
そして、これからも自信が持てない気がします。

 

どんなにできることが増えても、自分の性格は変わらないと思うのです。

 

わたしが自信を持てない理由

それは多分、1位になったことがないから。
てっぺんから、何か景色を見たことがないから。

 

「人生」だから、楽しいことや嬉しいことだけではないはず。

苦しいことも悲しいこともあります。

むなしいような、んん?と思うような、何だかよくわからない気持ちを抱えることもあります。

 

「人生」だから、楽しいことや嬉しいことだけではないはず。

「人」の「生」きる道だから、いろんな方向や、いろんなペースがあっていいはず。

 

だから、”こうでなきゃ”なんてことはないと思うのです。

 

 

でも、やるからには1番の景色を見てみたい。そこでしか得られない感情を手に入れてみたい。

 

そうやって、期待して打ちひしがれて、期待して打ちひしがれてを繰り返しているうちに、自分に期待することを、やめてしまったのです。

 

自分と向き合うこと

 自信がないと、何かマイナスなことがあった時すぐにへこたれてしまいます。強がっていられるほどの自信すらもないから。

 

だから、まずは自分と向き合う事にしました。

客観的に見つめることにしました。

 

でもこれが想像以上に難しいのです。目の前にいる他人のいいところを見つけられても、見えない自分を見つめるのは、想像以上に難しいのです。

 

何回向き合っても、現れない自分がいること。

この「透明な自分」を見つけられれば、自信はつくんじゃないかなと思ったのです。

だから、まずは自分と向き合う事にしました。

 

生きていることが、一番の自信

たくさんの自分に出会うことで、毎日生きていることは最大の武器なのかも?と気付きました。

 

生きていれば、嫌というほど

壁にぶち当たって、何回も転んで、裏切られ怒られ挫折します。

 

でも、生きているからこそ、

壁を乗り越えられて、何回もやり直せて、信じて叱られ立ち直れます。

 

 

今は、過去からの積み重ね。今は、未来への積み重ね。

 

過去や未来は確かに大切だけど、でもそれ以上に今が大切なんだと思います。

 

今を生きるためには、いまこの瞬間に考えていることを大事にすること。泣きたいときは空を見て、逃げたいときは走って風を感じる。

上を向きたいときは、空の色を。

 

自分に素直になれば、今を生きることができると思うのです。

 

まずは他信から

他信なんて言葉があるのかは知りませんが、自分の中で、他人を信じることをそう呼んでいます。

 

他人を信じることは、期待することではありません。
そうではなくて、「ココにいることを肯定すること」。

 

他人を信じていれば、きっと自分も、誰かに他信されるようになると思うのです。
そうやって他信の輪が広がっていけば、きっと、自分に自信が持てるようになると思うのです。いつか人にあげた優しさが、自分に返ってくるように。

 

だから、自分に自信がない人ほど、他人を信じてみれば楽しくなるかも。

 

「自らを信じること」だけでなく、「自分を信じてくれること」も「自信」だと思うのです。

 

広告を非表示にする